ドッグフード選びの基準とは?

ドッグフードの原材料の確認の仕方

愛犬に毎日与えているドッグフードについて、中身をきちんとチェックしていますか?「市販のドッグフードは、どれも一緒でしょ。」と思っている人もいるかもしれません。

しかし、これは間違いです。ドッグフードは、原材料も一日に与える量も、商品によって異なります。ペットショップやホームセンターなどで陳列されているドッグフードについて、値段を比較したことはありますか?

値段は実にさまざまです。1キログラム300円程度のものもあれば3000円くらいするものもあります。これだけ差があるのに、中身がどれも一緒だったら、誰だって安い方を買いますよね。高ければ良いというものではありませんが、安いものや高いものにはそれなりの理由があります。

値段に最も反映するのは、原材料です。ドッグフードに何を使っているかは、値段を大きく左右します。ドッグフードの原材料表記は、左から多く含まれているものの順に書かれています。

犬は、とうもろこしや小麦などの穀物を消化吸収することが苦手です。お手持ちのドッグフードを見てみてください。最初に“穀物”が書かれていませんか?動物性油脂も気にした方が良いものです。これを使っている場合、ドッグフードが酸化しやすくなるため、酸化防止剤を入れていることがあります。これには、発がん物質のもとになる成分が含まれています。

原材料で書かれている脂肪分に関しては、何を使っているのかチェックした方が良いでしょう。その上で、栄養バランスも良い、安心なドッグフードを選んでください。

ページのトップへ戻る