ドッグフード選びの基準とは?

ドッグフードの原材料“動物性油脂”とは?

ドッグフードの原材料に注目したことはありますか?大切な愛犬なら、安心で安全なものを食べさせたいですよね。今回は、原材料に記載されている“動物性油脂”についてご説明します。

まず、動物性油脂とは、動物から採取した油や脂肪分になります。動物とは、鶏や羊、豚や牛など色々あります。原材料に動物名の記載がなくて、ただ動物性油脂と記載されているならば、何らかの動物から採取した油脂ということになります。

油と聞くと、高カロリーで良くないイメージかもしれません。しかし、脂肪分は犬にも必要です。健康的な毛並みなどを作るのに、たんぱく質などど同様、犬にとって重要な栄養素のひとつなので、動物性油脂自体が含まれていることは問題ありません。気にすべきなのは、どの動物から採取したものか、という点です。何の油脂あるいは脂肪なのか、これが不明瞭なドッグフードは安心して食べさせることができるでしょうか?中には豚アレルギーという犬もいます。原材料が明確でないドッグフードは、そういったアレルギー持ちの犬には適さないでしょう。そして、質の良いドッグフードであれば、原材料の表記にも配慮しています。ラム精製油やチキンエキスなど明記していて、おおざっぱな記載はしていません。

ドッグフードを食べさせて体調が悪くなった時には、原材料をチェックしてみましょう。不明瞭な書き方をしていれば、体質に合わないものが混ざっていた可能性があります。できるだけ、原材料の全てがしっかり記載してあって、質の良いドッグフードを選びましょう。

また気になるドッグフードとキャットフードの違いについても合わせてご覧ください。
ページのトップへ戻る