ドッグフード選びの基準とは?

身近な食材で手作りドックフード

可愛い愛犬は家族の一員ですよね。そんな愛犬と出来る限り一緒にいたいと思うのは家族であれば当然のことです。だからこそ、毎日の食事には気を付けたい。ドッグフードはスーパーやドラックストア、ホームセンターなど様々な場所で販売されていますが、実際どのドッグフードが良いのかそして合うのか分からないという方も少なくありません。

ほとんどのドッグフードは1食分だけではなく数カ月間使用できる量で販売されています。人間でも毎日同じものを食べていれば飽きるように犬も毎日同じ食べ物は飽きてしまいます。とはいえ、毎日ドッグフードの手作りも大変ですよね。そこで普段のドッグフードに犬でも食べられる優良食材を混ぜてはいかがですか。今回は犬が元気になれるお手ごろな価格の食材をご紹介します。

犬にはタンパク質を含む食材を積極的に与えましょう。お肉なら鶏肉がおすすめです。ムネやモモ肉、ささみなど牛肉や豚肉などは脂身の少ない赤み部分を与えるようにしてください。魚は骨に注意してあげる必要がありますが、イワシやアジ、タラなどがおすすめです。チーズもモッツアレラやカッテージチーズなど塩分量の少ないチーズなら与えて問題ありません。調理するときは塩分は入れず(極力控えめ)にしっかり加熱調理して作ります。野菜はカボチャ、ブロッコリー、人参、キャベツなどお家にある食材で対応できます。炭水化物は白米や雑穀米を柔らかくして与えることがポイントです。

毎日のドッグフードに優良食材を加えてあげることで栄養バランスや健康状態をしっかり管理できます。

また、こちらのドッグフードの食いつきが悪い場合の対処法も合わせてご覧ください。
ページのトップへ戻る