ドッグフード選びの基準とは?

海の栄養素がたっぷりのドッグフード

ドッグフードはたいてい豚や牛、鳥などの肉類が原料になっていますが、肉系ドッグフードでは食い付きが悪いという場合、もしくはアレルギーがある場合などにおすすめなのが、魚を使ったドッグフードです。犬にお魚って、と思われるかもしれませんが、魚には良質なカルシウムや脂質がたっぷり含まれていて犬の体にとてもいいのです。

また、魚を原料にしたドッグフードはグレインフリーと呼ばれる穀物不使用の製品が多く、最近何かと話題になっている犬の穀物アレルギーや穀物不消化の問題を考えずに済みます。皮膚病や便秘で悩んでいるワンちゃんが魚のドッグフードに切り替えたところ、改善したという話はいっぱいあるのです。

ところで魚には、哺乳類にとても大切な栄養成分である、DHAと呼ばれる必須アミノ酸が豊富に含まれています。もちろんこの成分は犬の発育にとても良く、特に子犬の脳における生育には欠かせない成分となっています。ドッグフードに良く使われている魚の肉はサケやニシン、サバなどです。えらやうろこなどをきちんと廃棄している、可食部のみ使用の製品を選ぶのがコツです。

犬の食生活はもともとタンパク質のみです。犬は腸が短く、穀物などを上手く消化できるようにはできていません。その点良質なたんぱく質である魚肉のドッグフードは体に負担もなく、脂が肉よりも溶けやすいので、肥満などの心配も減ります。いきなり魚肉を主食にしなくも、おやつとして与えてみるなどの使い方をすれば味の幅が広がって、ワンちゃんもさらに食事が楽しくなり、食欲も増進します。

ページのトップへ戻る